« メリクリ | トップページ | 謹賀新年 »

福田麻由子って子役?

何故いきなり??!と思われるかと思います。


おいらもビックリです。


でも、まぁ年末なので今年を振り返るという意味で・・・。





確か、ここでこの子について書いたのはこのブログ開始直後・・・「白夜行」の記事のみだったかと…。
(参照:「白夜行=第4話まで?=」)


上の記事を参照していただけると分かると思うのですが、この時は「良かった!」の一言で済ませてしまっていますね。


「じゃあ具体的にどこがどう良かったのか?」とか書いても良かったのですが、この時は確か「書き始めると長々なって終わらない(まとまらない)だろう…」と思ったため、その反動からか、えらくあっさりした感想になってしまった次第です。


じゃあ、何故今更取り上げたのか?というとですね・・・


↓この映像を見て不覚にも結構感動してしまったからであります(゚д゚;.!!







子役 福田麻由子 ちゃんを知ったのは上の映像にも出てくる「ラストプレゼント」が最初だった…はず。
(内容についてはラストプレゼント公式HPをご参照下さい。)


このドラマ、ちゃんと毎週見てたというものではないのですが、おいらの好きな永作博美 、佐々木蔵ノ介 も出ていておいしい話だったんだよな・・・なんて今更ながら懐かしく思い出されます。


で、確かにこれにはおいらの好きな役者さんも出ていた訳なんですが、これを紛いなりにも最後まで見通したのはおいらがテレビっ子だからとか、好きな役者さんが出てる…というだけのみならず、この福田麻由子という子役もいたからこそ見続けたんだな、と思うんですよね。


ああいうドラマは、得てして安易な、いかにもお涙頂戴…の路線になってしまいがちで私的にはあまり好きじゃないんですよね・・・。


(まぁそれを言ってしまうと正直私的には「セカチュー」もその路線に入ってしまい、放送当時は見なかったというマヌケなことをやらかしてしまったという話にもなるんですが…(汗。)


この「ラストプレゼント」が嫌いなものにならなかった(少なくとも最後まで見ようと思えた)のは、話の核的存在でもある娘を演じた福田麻由子 の演技が良い意味で演技演技してなかった、言うなればそれだけ自然に演じていたということと、主題歌である「僕が一番欲しかったもの」(槇原敬之)がすごくマッチしていたということのお陰・・・で安易な単なるお涙頂戴にならなかったのかな?と思う訳であります。


・・・とはいえ、数年前のドラマのことなんではっきりそうだ!!とは断言できないんですけどねぇ♪~(-ε- ;)(ぇ。




でもね、とりあえずドラマを見る上で言えることは…脇を固める人達がいかに大事かってことです。


福田麻由子はそういう意味で、子役ではあるけれどもこのドラマを上手く引き締めてたと思うし、主役の天海祐希をしっかり映えさせてたんじゃないかな?と・・・。


まぁ、それは「女王の教室」でも言えるだろうし、「白夜行」でも言えるとおいらは思ってます。



おいらが「白夜行」を食い入るように見るようになったのは、成長した雪穂を演じた綾瀬はるか や、亮司を演じた山田孝之 がいたからだというのは確かにそうなのだけれど・・・。



綾瀬はるか がこれほどの役をこなせたのはある意味、子供時代の雪穂(福田麻由子)がいたからこそだと思うのです。


勿論、それ以前から綾瀬はるか のポテンシャルの高さは「セカチュー」等で証明されているのでしょうが。。。


でも、今回はあえて言います。



チビ雪穂が福田麻由子だったからこそ、綾瀬はるかの雪穂はそのポテンシャルの高さをより発揮できたんだと思う!!はい( -`Д´-;A)!!
<あ~あぁ、言っちゃったよ…(オイ。


雪穂が雪穂として福田麻由子の中にちゃんとあったからこそ、雪穂という骨格が作られていき、その骨格を受け継いだからこそ綾瀬はるかはさらにその骨格にしっかりと肉付けをしていけた・・・のだろうと(何。


一人の役を2人が演じると大抵違和感を感じちゃう方なんですが、この「白夜行」に限っていうならばそのようなことは全くなく・・・。


まぁ、違和感を感じさせなかった綾瀬はるか もホントにスゴイと思いますが。。。(; ̄ー ̄A





しっかし、最近はこの子に限らず、子役でもなかなか高いポテンシャルを持っている子が多い気がします。


記憶にまだ新しいだろう2004年にカンヌで最優秀男優賞を受賞した柳楽優弥(当時14歳)もですが、近年は子役もいかにも子役!!って感じじゃない子も結構いて・・・スゴイというかなんというか・・・。


ただ、大きなお世話なのだろうけれども、“あまりに子役の印象が強すぎて成長してからは…”という状況と、“子役でありながら人気が出すぎちゃって自信過剰になっちゃう…”という状況になったら…という懸念はあるので、そうならないことを切に願いたいものです。



だからと言うか何というか、正直、福田麻由子 には主役はまだあまりやってほしくないです。
(まぁ、「雨と夢のあとに」という舞台で主演しちゃってますが・・・笑。)


ただでさえ、“影のあるような子”の役が多く印象づいてるのにそれが主役で・・・なんてことになったら、さらに印象強くなってしまう。


確かにこの子は“影のある役”もこの年齢にしては巧く演じられてる部類だと思うし、そういうセンスがあるんだと思うのですが、まだまだ子役…です。



一つの役柄だけになってしまうのは絶対に惜しい!


そういう意味で実写版の「ちびまる子ちゃん」への出演は特に影もなく明るいお姉ちゃん役だったので、ほっとできた訳です。


まぁ、マンガ版のお姉ちゃんより全然優しさが出てましたが・・・(笑。


この子がもう少し成長して、年齢的にも“子役”の枠が外されたら…そしたら主役級の役だろうがなんだろうがこの子のポテンシャルにあった役をやって欲しいな~なんて思っています。




ちなみに、後者の懸念はこの子の周りの大人がしっかりしてくれれば大丈夫でしょう・・・。まぁ、きっとこの子のご両親なら大丈夫!ォィォィ…ヾ(゚д゚;)( ´゚д゚)っ何様だよ!W



まっ、とにかくおいらとしては彼女が更に成長していくことを願っているということで、ひとつ・・・。




そうそう、↑の映像の最初のCM(18~19秒あたり)で、田中麗奈を思い出した・・・ことを付け加えておきます。
(田中麗奈 も好きな役者さんの一人です。)



ん~、ラストプレゼントが見たくなっちゃいました(笑。


あ、来年1月~「演歌の女王」にも出るらしいですね。天海祐希 と共演・・・別にいいですけど多すぎじゃないですかね(;;゜д゜)?


で、最後に・・・。


この子、「Summer Snow」に出てたあの子だったんだ…知りませんでした(笑。


<参照:You Tube 「060603broadcaster_mayuko」





※この記事見てまぁまぁかな~とか思っていただけた場合(また、そう思わなくても)、管理人へのご褒美に↓のランキングをポチッと押していただけると励みになりますm(__)m





|

« メリクリ | トップページ | 謹賀新年 »

オキニイリ」カテゴリの記事

福田麻由子」カテゴリの記事

コメント

この福田麻由子ちゃんという女優さんは、すごいですよね。わたしは、敢えて、子役とは言わずに女優と言わせてもらいます。(^O^)/
いろいろなドラマやCMなんかでは、よく見ていたけどそんなに強い印象は残らなかったですね。(ノ_-。)

それがあの「白夜行」でのチビ雪穂を見て、ガーンと頭を殴られたような感覚に陥りました。言われるように、麻由子ちゃんあってのはるかちゃんであり、はるかちゃんあっての麻由子ちゃんだとわたしは思いますね。(^o^)v
お互いが研鑽しあって、あの素晴らしい演技に発展したのでしょう。(^O^)/

麻由子ちゃんも未来ちゃん同様に、今後が楽しみな女優さんだと思いますね。ヽ(゚◇゚ )ノ

投稿: はーちゃん | 2006年12月25日 (月) 13:51

□はーちゃん

>敢えて、子役とは言わずに女優と言わせてもらいます。(^O^)/

そうですね、おいらもそう思います!年々子役の方が…と言われる役者じゃなく、年々イイ女優さんになってくねぇ~と言われる役者さんになって欲しいと思います(*´・ω・`)b デスゥ♪

>お互いが研鑽しあって、あの素晴らしい演技に発展したのでしょう。(^O^)/

まさにその通りですよね!2人の若き女優達の努力の結果ですね♪

投稿: まるしぇる | 2006年12月27日 (水) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43429/4661487

この記事へのトラックバック一覧です: 福田麻由子って子役?:

« メリクリ | トップページ | 謹賀新年 »