« 切ない時。 | トップページ | 海でのはなし。見ました? »

白夜行=第11話=

終わりましたね、ついに、終わってしまわれたんですね。


とりあえず…



出演者ならびにスタッフの方々…お疲れ様でした。


お陰さんでこの3ヶ月木曜中心の日々を過ごさせてもらいました(笑。


特に出演者の皆さん…



ありがとうございますm(__)m本当にお疲れ様でした(ぇ。




で。できれば、おいらの感想なんか読みたかないでしょうが、ここに来てしまったからにはお気の毒さんですが見ていただければ幸いです。


せっかく最後の感想ですし?(何。



※あくまでおいらの個人的な感想をグダグダつらつら書くので、もしかしたら上手く表現できない部分・イライラさせる部分もあるかも知れません、ご気分を害された方がいたら申し訳ありません。<先に謝っときます(オイ。




総体的なものは多分、後日UPするんじゃないかと思うので…


最終話(第11話)について書かせていただこうかと。





何ていうか…アっという間に過ぎた一時間でした、今回は特に。
<きっとそう思ったのはおいらだけじゃないですよね…?
多分…(◎_◎;)ドキ ドキ


初回に2時間枠持ってきたからラストは1時間なんだろうなぁ、とは思っていた訳なんですがね、やっぱりちょっと残念だったというか、なんというか・・・。


つまらないとかじゃなくてね、一時間枠の中には内容が盛り沢山過ぎた感があったと言いますかね(;´Д`A ```アセアセ


※良いドラマだと思ったからこそ色々言いたくもなるのだと軽く流していただきたく候(何。


11話は前回のラスト、亮司と笹垣の対峙からでしたね。


亮司「せめて あいつの血と肉に塗れて殺したかったんだ」


雪穂のためには笹垣を生かしておく訳にはいかない。


だからせめて、殺し方くらいは笹垣の死を直接感じる殺し方にすることを決心した亮司・・・。


思いがけず笹垣宅で遭遇してしまった訳ですが、あえなく失敗。


こうして1話冒頭の亮司の最期と繋がるんですね、2005年のクリスマスイブ、亮司と笹垣の最後の対峙、雪穂と亮司が会う最後へと・・・。



=R&Y2号店=


「だけど、生きていても死んでいても するべきことは一つしかないと思った」


雪穂は亮司のため、布施に2号店を出す決心をするんですね。


私を太陽だと言ってくれた


あの日の言葉に応えたかった・・・。


亮司と陽の当たる場所で生きていくために・・・。


本を見ながらHPまでコツコツ自分で作っちゃう訳なんですね…(笑。


業者さんに頼むなんてそんなナンセンスなことはされないんですね
…( ̄ー ̄;(*o☆)ヾ( ̄皿 ̄メ)
ナンセンスなんて言葉久しぶりに使っちゃったし(・・。)ゞ テヘ(何。





でもさ、名ばかりの共同経営者w、リョウコさんよ・・・あんたしゃべりすぎとちゃうか・・・


Σ(゚д゚;)


篠塚狙ってんのか?! (x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ



サボテンからは松浦のパチモンのサングラスが見つかる…原作通りだから別にいいんでしょうけどね。


笹垣さんダメですよ、不法侵入しちゃ(*゚ー゚)


=笹垣の追跡=


ラストということで、典子とも園村ともお話しちゃいましたね(*ノノ)キャ(オイ。


亮ちゃん指名手配されちゃいましたね。


つーかあの外国人はなんなんでしょう・・・不法入国、不法就労者なんですよね、きっと・・・。別にいらなくね?ヾ(・ε・。)ォィォィ


あ。サンタの衣装のためとか?(笑。そっかー重要じゃん!ヾ(ーー )ォィ



=亮司の遺伝子=


亮司Jr参上!!


亮司の指名手配により典子が笹垣を訪れる訳ですね。


しっかし、生まれんの早いな~(何。


これは希望なのか、皮肉なのか・・・。



正直どっちの解釈もありかと私的には思ってたりします。
ま、これはいいや(ぇ。



=篠塚と雪穂、谷口と雪穂=


篠塚は前回同様、雪穂に揺さぶりをかけましたね。自首しようよ・・・
ってねw


どうなんだろうなぁ・・・、言葉では「分かりません 何のことだか」とは仰ってますけど、態度がねぇ・・・。泣いてちゃ説得力ないんと違いますかね…(笑。


まぁ、多分これはおいらがラストに何となく違和感があるから…そう思ってしまうというか、おいらの中での雪穂像
とは違うからそう思うんでしょうけどね(゚ー゚;A


谷口との雪穂もまぁ、そうなんだけど・・・。



=その後の雪穂=


亮司の死後、取調べでは見事に嘘をつき通した雪穂でしたが・・・


「これで良かったんんだよね 私は亮の太陽だから
亮は私の太陽だから ここでやめたら なんのために・・・
なんのためによ・・・」



結局、生きる屍となってしまった訳ですね・・・。


ダクトを見つめ、爪を噛み、


それでも「悪いから・・・」と言った雪穂・・・


つーか、なんで谷口と篠塚知り合いになってんだ…(笑。
いや、別にどうでもいいことなんですけどね?せっかく最後だしツッコんどこうかと…( ̄▽ ̄) ニヤヾ(ーー )ォィ




んー…そうなる雪穂も分からないでもないんだけど・・・。


雪穂の終わり方はあれでいいのか・・・。


いや、別に決して雪穂が屍になるのが悪いとか言ってるのではなく、その結末(にしたいと脚本家が思ったならそれ)でも一向に構わないんだけれども・・・、正直何を伝えたいのかが分かりませんでしたよ?


おいらの力量不足ですかね?


確かにポテンシャルは相当低いと思いますけどそれが何か問題でも?( ぇ。


おいらの力量云々はこの際置いとかせてもらうとして・・・。


どうせ一時間なら、最後まで亮司と雪穂に語らせて欲しかったッス(´Д`|||)


笹垣はあんなに必要だったのか・・・。



結局「風と共に去りぬ」も中途半端に使われただけみたいだし、意味深に「スカーレット」の本を映したシーンがあったけどさ・・・ 内容知らないけどさ・・・





続編でも作るつもりか?!



ただ、雪穂が原作のイメージの通りなら、続編も分からないでもないだろうけど今回のドラマはなんか違うみたいだし、屍になった雪穂見てもなぁ・・・。


まぁそうは言っても立ち直りましたよー的なのだったらもっとありえんけど(笑。






最終回・・・悪くはないと思うんです、内容的に見ても・・・


ただ、やっぱりもう少し時間が…なんて思ってしまったり、これまでの展開とか考えると期待していたものが大きかったからこそ・・・、正直勿体無い感があったりもします、あくまで私的には。


演技も良かったですしね。
それだけに惜しい感もしてしまうけど。


まー楽しかったということで!!(爆。ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ






≪言い訳のようなもの≫
こんだけUP遅れてこの程度かよ?!って感じですが・・・。


正直ね、記事は書いてはいたんですよ、3/28には・・・ってそれでも遅いですけどね(笑。


でも、なんか内容が盛り沢山だったし、もうちょっと付け足そうかなぁとか思ってたりもしてズルズルとここまで来た訳でして・・・。


まー結局、今回はこれ以上は続かないだろうから、別の記事でUPしよう!と今更ながら思い、こんだけ遅くなってしまった訳でして・・・。


ってことで、もし追加して書くようなことがある時はその時もちょいとお付き合いいただければ幸いかと存じます、はい!!



・・・ということで、



以上!!(何。




あーこれでやっと他のとこの記事が読めるや・・・(笑。




=TBさせていただいたブログ先=
気まぐれ気ままなブログ
心動・・・。


|

« 切ない時。 | トップページ | 海でのはなし。見ました? »

ドラマ」カテゴリの記事

白夜行」カテゴリの記事

綾瀬はるか」カテゴリの記事

コメント

わたしも見ましたよ。
言われるように一時間の間に無理やり、いろんな事を詰めすぎて、物語をよけいに難しくしたように思えます。
もともと長い原作を短い時間のドラマに脚色した訳ですから、多少の無理はあるとは思ってはいましたが・・・。
それにしても、時間の経過が早すぎて内容を掴みにくかったのは否めません。

そして、わたしもいったい何を言いたかったのか、それはこれだ、とはっきり断言出来る答えは見つかっていません。おぼろげながら、こうではないのかという自分なりの答えは見つけたつもりですが・・・。

何にしても、賛否両論あると思いますが、わたしは、「白夜行」は「セカチュー」とは違った「純愛」もあるのだよと教えてくれたような気がして良い作品だったと思います。(^-^)

投稿: はーちゃん | 2006年4月 6日 (木) 14:02

まるしぇるさん こんにちは!
終わっちゃったね~といっても2週間経ってるよ(^^;)
最後の最後までいろいろと考えさせてくれて、突っ込みどころも確かに多かったけど、全部よしと自分はしました。
レビューにも書いたように自分なりの考えといえば大袈裟だけど、見たまま感じたままでいいのだと思います。
伝えたかったものは何か・・・そんなことを考えながら見る人の方が断然少ない中で、自分なりの答、そういうものが見つかったことはこのドラマが自分にとってすごく「面白かった」ことに繋がる気がします。
それにしても、本当にこのドラマ面白かったよ!

投稿: Nob | 2006年4月 6日 (木) 14:09

まるしぇるさ~ん!こんにちは~。TBが来ない来ないとずっと思っていて、最終回に限って記事ない・・・?とか思ってましたよ~。何かでも、時間が掛かったの分かる気がします。私も二つに記事分けて書きましたが、二個目の方をUPするまでには、少し時間掛かりましたし。でも結論出たと思ったその後も、まだ何か釈然としない部分があって、1話から見直すけど、今度は考え過ぎちゃって、もう何が何だか分からなくて頭の中ががんじがらめになってしまっていました。私もどこか不満な部分があるみたいなのですが、それが、雪穂の終り方みたいなんです。言いたい事が分からない、本当にそうですよね。亮司の死まではいいんだけど、その後が。解釈するの難しいですよね。私も自分の所で色々言い過ぎて混乱しているので、特に喋りませんが、まるしぇるさんの後日UPするという総体的な記事を読みたいな~と思っています。記事をUPしたら、またTB下さいね。

投稿: メロディ | 2006年4月 6日 (木) 14:43

□はーちゃん
はーちゃん、こんばんは!
>もともと長い原作を短い時間のドラマに脚色した訳ですから、多少の無理はあるとは思ってはいましたが・・・。
そうですね~、それが原作あるドラマの難しいとこなんでしょうけどね(゚ー゚;A
ただ原作ありのドラマとして、比較的流れを掴んで生かせていたんじゃないかなぁ?とか思ったりします。
>良い作品だったと思います。(^-^)
(゚∇゚*)(。。*)(゚∇゚*)(。。*)ウンウン
おいらとしては上記の通りの意味でも良い作品だったなぁ、なんて(●´ω`●)ゞエヘヘ

□Nobさん
Nobさん、こんばんは!
>終わっちゃったね~といっても2週間経ってるよ(^^;)
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ(何。
いやぁ~ホントそうですよね…(; ̄ー ̄A
何かもうあえてUPせずに終わらせてしまおうか…なんて思ってしまったりもしてたんですけどね(笑。
Nobさんが仰る通り面白いドラマだっただけになんとかその面白さを自分のレビューでも伝えたいなぁなんて分不相応にも思っていた訳なんですけどね、今回は多分書くと際限なく書いてしまいそうだったので妙に(無駄に)軽いタッチになってるかも…(;´Д`A ```(笑。
面白いドラマでしたっv(。・ω・。)ィェィ♪

□メロディさん
メロディさん、こんばんは!
>最終回に限って記事ない・・・?
Σ(=o=;)ギク!!いや~…危くそうなるところでした(笑。
≪言い訳≫でも書いた通り、一旦書いた後もう一回落ち着いて書こう…とか思って書こうとしてたんですけどね、どうにもグダグダになるなーと思いとりあえずそのまま出してしまいました( ̄ー ̄;
多分…追記はもうちょっとマシになるかと思いますので…。あくまで多分…ですけどσ(^_^;)

>解釈するの難しいですよね。
そうですよね、難しい!ですよね「(。>ω<。) アイヤーッ!!ただ、それってつまり色々なものが感じられるドラマだっていうことなんだな、とも思ったりするんですよね。
多分、どうしようもないドラマだったら感想をこんなに熱くは書けないだろうなぁとかいつもふと思ってたりします(笑。
UPします!きっと、いや…必ず(笑。

投稿: まるしぇる | 2006年4月 6日 (木) 23:42

Instead Cup seems like a good option, but I know next

投稿: lortab | 2006年5月13日 (土) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切ない時。 | トップページ | 海でのはなし。見ました? »